セルフモチベーション

News

困難から復活する力「レジリエンス」を高める5つのステップ

誰しも逆境・苦境に落ち入り、落ち込んでしまう事はあります。


それは仕方がない。


当然の事だし、誰にでも起こる事。


そこから立ち直る事を根性論・精神論で片付けてはいけない。


逆境の中にいるという現実を受け止め、


それを乗り越えていく力を身につける。


根性論理ではく、科学的・医学的にどう向き合っていくか。


それが『レジリエンス』の考え方です。


今日は、『逆境に陥ったあとにまた復活する力』である『レジリエンス力を高める』ための5つの方法について書いていこうと思います。


レジリエンスについてもっと知りたい方はこちら


マインドフルネス瞑想について知りたい方はこちら



レジリエンスを高める5つのステップ

以下の5つステップを踏んで試していきましょう。


  1. レジリエンスの物語

  2. 柔軟な思考

  3. キャラクターにおける強みを活かす

  4. 行動に向けて強みを活かすポジティブな関係の構築

  5. 目的と意義の構築


①レジリエンスの物語(Story of Resilience )

まずは、困難を乗り越えた経験を書き出して見ましょう。



誰しも過去に困難な経験はあるはずです。


ゆっくりと思い出し、あなたのエピソードをノートに書いてみましょう。



辛かった事経験を思い出す事は辛い事ですが、


すべて吐き出すつもりで書き出し、


受け止めます。


そしてどう乗り越えたか、


そのエピソードをゆっくり書き出してみましょう。



②柔軟な思考(Flexible Thinking)

逆境・苦境において、柔軟な思考は非常に大事です。


困難な場面において、柔軟に考え方・モノの見方を変える事が出来るかどうか。


例えば①で思い出した逆境のエピソードに対し、


柔軟な思考を持って考え方を変えてみたらどうなるか?


考えてみましょう。


モノの見方を変える事を『リフレーミング』と言います。


また、物事を肯定的に捉え直すことを『肯定的思考』と言ったりします。


辛く、苦しい状況だと思っている時は、


視野が狭くなりがちです。


目線を上げ、視野を広く取り、


視点を変えてみる事で感じ方は変わってきます。



例えば、仕事で自分には無理なミッションを与えられ、誰も助けてもらえず辛いと思っている時。


考え方を変えれば、


『これさえ終われば自分は〇〇をやった事がある、と言える!キャリアの幅が広がり、昇進や転職に役立つかも!』


とポジティブに思えるかも知れません。


また、誰も助けてもらえない、と思っていても、


視野を広く持つと、


そんな事はなくもっと相談できる人が沢山居たかも知れない。


特に日本人は苦しい時に自分で抱え込み、誰かに頼ったり相談したりする事が苦手な人が多い気がします。


もっと、相談していいし、


もっと、甘えていいのです。


リフレーミング、肯定的思考で、柔軟に物事を捉えてみましょう。



③自分の特徴的な強みを活かす

自分の強みは何でしょう?


自分を過小評価してしまい、


強みをあまり分かっていない人が多いです。


あえて強みを見つけてあげて、書き出してみましょう。



書き出した後、


①で話した逆境のエピソードの渦中に居たとイメージしてください。


その場面において、自分のその強みをどう活かせるか考えてみてください。


どのような事に、その強みを生かせるでしょう。




④行動に向けて強みを活かす(Strength into Action)

今度は③に続き、自分の強みを具体的に行動に活かす事をイメージして、何が出来るか考えてみましょう。


今後起こりうる逆境、困難は様々あります。


それらに向けて、強みを活かしどう行動して対処するか、


イメージしてみてください。



⑤ポジティブな関係の構築(Positive Relationships)

人は誰しも逆境・困難に陥ります。


そんな時、一緒に考えてくれる人、相談相手、頼れる仲間が必要です。


逆境の際にそのような人間関係、ネットワークを活用できるか。


考えてみましょう。


相談できない、と思い込んでるだけで、


周りに相談できる人やネットワークはあるかも知れません。


日本人は恥の文化というか、


自分1人で何とかしなければ、


辛いのは自分が根性が無いからだ、


という気持ちになりがちです。


もっと自然に友人、家族、同僚・上司、カウンセラーなどに相談していいのです。



⑥目的と意義の構築(Purpose and Meaning)

こんな風に問われたらあなたはどう答えるでしょう?


『困難な場面は、あなたにとってどんな意義があると思いますか?』


『困難な場面からどのような目的が生まれると思いますか?』


考えてみてください。


辛い局面も、乗り越えれば必ず次の何かに役立ちます。


乗り越えたという自信もつき、


次の仕事に繋がったり、


次のチャレンジへの足掛かりになったり。


ただ辛い体験だった、で終わらせず、


意義や次への目的を考えてみましょう。




レジリエンスの高め方のまとめ


今日はレジリエンスを高める6つのステップについて書いてみました。


中々、自分について、特に自分の辛い過去についてちゃんと向き合って振り返り(リフレクション)をする事は少ないと思います。


あえて、そこを振り返りをしてみましょう。


どんな逆境を自分は乗り越えてきて今があるのか、


自分の強みや過去の逆境の意義を考え、


リフレーミングで視点を変えて肯定的解釈を行い、


次への目的へつながる。


そのプロセスがレジリエンス力を上げる一歩になります。


レジリエンスについてもっと知りたい方はこちら


マインドフルネス瞑想について知りたい方はこちら



レジリエンス力を高めたりマインドフルネス瞑想が出来るアプリは?

メンタルヘルスのセルフケアをサポートするスマホアプリ「Mindify」では、


レジリエンスの高め方、ストレスリリース、睡眠の質や集中力の向上、マインドフルネス瞑想のやり方を伝える動画が沢山載っています。


レジリエンスに興味がある方、これからマインドフルネス瞑想を始めたい方、睡眠不足やストレスにお悩みの方は是非使ってみてください。


メンタルヘルス・セルフケアアプリ「Mindify」のインストールはこちら https://www.mindify.jp/